キャンプとZIPPO

ZIPPO STORE

ZIPPOライターの真価

ZIPPOライターといえば、喫煙具としてカテゴリーされることが多いです。しかし、収集品としてたくさんのコレクターさんがいたり、厳しい環境のアウトドアで使われる必須アイテムだったりというように、幅広い層から支持されているライターでもあります。

 

テレビドラマや映画を見ていても、ZIPPOがよく登場します。

 

恋愛モノでは、彼と彼女を結ぶアイテムだったりすることがあります。

 

刑事モノやサスペンス系のドラマでは、事件の真相にたどり着くキーアイテムとして、ZIPPOライターが登場することがあります。

 

 

ZIPPOライターは窮地から救ってくれる頼りになる相棒でもあります。

 

ブルース・ウィリス主演映画の「ダイ・ハード」に代表されるように暗闇を照らしたりと、ピンチを救ってくれるアイテムとしてZIPPOライターが登場することが多々あります。

 

第二次大戦やベトナム戦争では、食事を作ったり暖を取るための必需品、救難信号の変わりにZIPPOの火が役立ったり、胸ポケットに入れてあったZIPPOのおかげで銃弾が貫通せずに命拾いしたというような逸話などもあります。

 

 

映画とZIPPO

 

 

近年、禁煙が色々なところへ波及していて、健康を考えれば歓迎されることでしょう。アメリカの禁煙ブームは、日本より遥か前に始まっています。

 

その影響でZIPPOライターはどうなったかというと。。。 予想に反して?全然売り上げが減らなかったそうです。

 

ZIPPOは単なるライターではなく、サバイバルグッツやキャンプ用品として厳しい環境で使われている実績があります。これは一般のライターとは大きく異なる特徴といっても良いのではないでしょうか。

 

また、こういった状況でも、ZIPPOの売上げが減らない大きな理由の一つとして忘れてはならないのが、ZIPPOライターをコレクションされている方が世界中にいるということです。

 

日本に限ったことではなく、アメリカ、ドイツ、フランスなどでもZIPPOコレクションの人気が高いのです。

 

毎年、たくさんのデザインが登場していて、集めるのが楽しいのです。

 

まだまだZIPPOの面白いところ、楽しいところがあると思います。ZIPPOの真価をご自身でも探ってみていただければ幸いです。

 

 

キャンプファイア