アメリカンZIPPOライターの専門店:ZIPPOCLUB.COM

商品選びのご質問

 

数あるZIPPOライターを選ぶ際にいただく一般的な質問をピックアップしてご案内いたします。

 

Q. このホームページを見て、初めてZIPPOを知りました。そして、ZIPPOライターがすごく欲しくなったのですが、数か多すぎてどれを買っていいか迷っています。ジッポー初心者に何かよいアドバイスはありますか?

 

A. ZIPPOライターの性能はどれも変わらないので、デザインが気に入ったものを選んでいただけるとよろしいのですが、やっぱり最初は迷いますよね。まず初めて購入される方にお薦めするのはクラシック・クロムです。特にクラシックのNo.200は定番の中の定番品です。値段的にも一番お手頃ですし、使い初めにはもってこいです。また、お客様の中にはシリーズもののライター(例えば、ハーレー・ダビッドソン)をコレクションしている方もいます。一つのテーマに沿って集めていくのも楽しいので、ご自分の趣味から選ばれるのもよろしいのではないかと思います。

 

 

Q. アンティックや中古品は扱っていないのですか?

 

A. 誠に申し訳ございませんが、アンティックや中古品などは取り扱っておりません。当店では新品のライターのみ扱っておりますので、初めてZIPPOを買ってみようと思われる方や女性のお客様にも安心してご購入いただけると思います。

 

 

Q. スリムZIPPOは使いにくいですか?

 

A. スリムZIPPOは、レギュラータイプのZIPPOと比べ4分の3くらいの大きさですので、手の大きい方にとっては多少使いにくい点があるかもしれません。小さい分、携帯には非常に重宝しますが、オイルを貯蔵できる量は半分くらいになりますので、頻繁にご利用される場合は、オイルを入れていただく回数が多くなります。部品が小さいため、レギュラータイプより多少耐久性が劣りますので、余りヘビーにご利用される場合には向かないかもしれません。細身のライターを好まれる方や女性のお客様には、これくらいのサイズであればオシャレで持ち歩きやすいとご好評を頂いております。

 

 

Q. 私はパイプ愛用者なのですが、パイプ用のZIPPOがあると聞いたのですがこちらではありますか?

 

A. 数は少ないですが、お取り扱いがあります。 特別な加工でパイプを痛めず火がつくように工夫してあります。パイプライターのページをご参照ください。

 

 

Q. アニメ柄などの国内仕様のジッポーは扱っていないのですか?

 

A. 国内の雑貨屋さんやデパートなどでよく見られる国内加工(本体はアメリカ製、加工は日本)のZIPPOはお取り扱いがございません。当店は、アメリカン・オリジナルのZIPPO専門です。

 

 

Q. ZIPPOを紛失することが多いのですが、それを防ぐことができるようなZIPPOってありませんか?

 

A. クラシックシリーズに”ロスプルーフ“というZIPPOがあります。これは、ゴム製のひもが付いていますので一方をベルトなどにつけておけば紛失する可能性が少ないと思います。春スキーに行ってリフトに乗ると、リフトの下に手袋や小物などに混ざってZIPPOが落ちていることがあります。スキー場のリフトに乗っているときZIPPOを落とした方いませんか?釣りの時にライターを出そうとして底深い海に。。。ということもあると思います。そんな時にひもが付いていると、一瞬心臓が止まる思いがしても「ほっ」なれると思いますよ。  

 

 

Q. 滑りにくいZIPPOはありますか?

 

A. ジップガードというZIPPO愛用者の方にはお馴染みの No.200(Brushed Chrome)に強化プラスティックのガードが着いたモデルが1998年に登場しました。ガード(黒の部分)には、すべり止めも着いているのでキャンプや釣りのおともにも適しているのではないかと思います。

 

 

Q. ZIPPOには色々な値段のものがありますが、どう違うのですか?

 

A. お値段の違いは、基本的にライター本体の材質、デザイン、そして装飾によって異なります。材質では、一番ベーシックなクロム2000円辺りから30万円以上する18金などがあります。オフィシャルデザインなどがプリントされているものもノーマルなZIPPOより高くなります。プリントも色が多いもの、デザインが細かいもの、そしてプリントの大きいものはお値段が高くなります。ライターに細かい装飾が施されたものもお値段が高くなります。

 

 

Q. なかなかシリーズものを揃えることができません。新製品と旧製品?の入れ替えというのはいつ頃行われるのですか?

 

A. 一年を通して新製品が登場しますが、春頃に新製品が多数登場します。また、秋頃にも多数登場するようになってきました。新しいシリーズが登場しますと、昨年発売されていたシリーズは消えていく場合もございます。それ以外でもマーケットや製産の都合、もちろん当店の販売状況によって商品の入れ替えを行います。クラッシックシリーズなど柄のない定番ZIPPOはほとんど変更されません。シリーズものに関しても、必ずしも全てが入れ替えられるわけではありませんが、どうしても揃えたいシリーズがある場合はできるだけ早めにご購入いただければ幸いです。