ジッポーカー

ZIPPO STORE

ZIPPO社が宣伝車として製作したZIPPO CAR

ZIPPOを語る上で忘れてはいけない存在に、ジッポーカー(ZIPPO CAR)があります。ジッポーカーは、アメリカでジッポーライターを知ってもらうために、ZIPPO社が宣伝用に改造した車です。

 

ZIPPO CAR (ジッポー・カー)

ZIPPO CAR (ジッポー・カー)

 

アメリカでは、宣伝のため、車を改造して商品アピールをすることがあります。

 

車の本体を商品に似せて改造して、ユニークで楽しい車を作ってしまいます。いかにもアメリカらしい感じです。

 

例えば、ビールのボトルやチョコのパッケージ、ホットドック、カメラなどがあります。

 

宣伝だけでなく、移動販売で目立つ車を使っているところも数多くあります。

 

アメリカではこの種の宣伝車を、プロモーショナル・カーとかプロダクト(商品)とモービル(車)を合わせて、プロダクト・モービルと呼ぶこともあります。

 

 

ZIPPO CAR (ジッポー・カー)

 

 

ZIPPO社の創業者であるジョージ・ブレイズデル氏も子供の頃にそれを見ていて、ZIPPOでもやってみようと思ったそうです。

 

そして、1947年のクライスラー・サラトガで、ジッポー・カーの製造が始められました。

 

車自体のお値段が2048ドルの時代に、製造費は何と車体の10倍以上もかかったそうです。

 

 

完成したZIPPOカーは、翌1948年と1949年にはアメリカ各地のパレード等に参加し、アメリカ中にZIPPO社の宣伝をして周りました。

 

既にZIPPOライターは、第二次世界大戦を経て兵士の間ではたいへん有名になっていましたが、平和な時代でも愛用してもらえるようにとの意図もあったようです。

 

 

ただ、この車には様々な問題があったそうです。その一番の問題は、なんと言っても重量でした。ルーフに大きなライターを乗せていたのですから仕方ないのですが、おかげでよくパンクしていたそうです(笑)。

 

1950年代の初め、ジッポー・カーは、修理と改良のためピッツバーグにあるフォード・ディーラーに送られました。ジッポー・カーは解体され、トラックのフレームを使ったりして強度をアップするなどの改良が加えられるはずでした。 

 

しかし、コスト高の問題等で作業は遅れ、ジッポー・カー改良の熱意は薄れ始め、2~3年後にはジッポー・カーはどこかに消えてしまいました。

 

1970年代、ZIPPO社ではジッポー・カーの行くへを調査しましたが、当時のディーラーも倒産してしまい、オリジナルのジッポー・カーは、謎のまま行方知らずなのだそうです。

ZIPPO CAR (ジッポー・カー)

 

 

現在のジッポー・カーは、二代目です。

 

オリジナルのジッポー・カーをレプリカして、1947年のクライスラー・サラトガ・ニューヨーカーをコレクターからわざわざ購入して、ジッポー・カーに改造しています。

 

二代目のジッポー・カーは、1996年から製造されて、1998年のZIPPO/CASEスワップミートにてお披露目されました。

 

ジッポー・カーは、ZIPPO/CASEビジターセンターに展示されていないときは、アメリカ中を周っています。

 

ただし、移動はトレーラーに乗せて、DODGE RAMのピックアップに引いてもらっているそうですよ。

 

展示されているZIPPO CARを近くから撮影した動画↓

 

 

・過去に販売されたZIPPO CARデザインのライター:

ZIPPO CAR (ジッポー・カー)ZIPPO CAR (ジッポー・カー)ZIPPO CAR (ジッポー・カー)

 

 

 

 

 

 

 

ジッポーカーをプリントしたZIPPOライター