アメリカンZIPPOライターの専門店:ZIPPOCLUB.COM > お店のブログ > 心に響く祈り:セレニティ・プレイヤー

心に響く祈り:セレニティ・プレイヤー

神学者Reinhold Niebuhr氏によって書かれたと言われているセレニティ・プレイヤー(ニーバーの祈り)には、とても素敵な祈りが記されています。

 

日本語訳:

 

神よ、 変えることのできるものについて、

それを変えるだけの勇気をわれらに与えたまえ。

 

変えることのできないものについては、
それを受けいれるだけの冷静さを与えたまえ。

 

そして、 変えることのできるものと、変えることのできないものとを、識別する知恵を与えたまえ。(出典:ウィキペディア)

 

 

この祈りをどうとらえるかは、読む方によって異なってくるかもしれませんが、自分の内なる迷いや悩みごとを和らげてくれる祈りになるかもしれません。

 

仕事や人間関係などに悩んで、段々と孤独になったりして、自分を追い詰めてしまう人もいます。

 

そんなときに、この祈りは少し助けにならないでしょうか。

 

 

日々生活していく中で、どうしても我慢のならない事柄、一言文句を言ってやりたい仕事仲間やご近所さん、いくら頼んでも変わってくれない人たちは周りにいると思います。

 

自分の変えられない事柄について気を病むより、この祈りを思い出して、自分の出来ることは信念を持ってする、でも、できないことは天に任せるくらいの気持ちがいいのかも知れません。

 

 

ビートルズの代表作に「Let It Be」という曲があります。歌詞の中で、そのままでいいんだよ、あるがままでいいんだよとビートルズが歌いかけてくれます。この祈りに通じるものがあると思うのですが、当時、多くの人が感動した歌です。

 

理不尽なことや辛いことが多い世の中ですが、心の安らぎ(セレニティ)を大事にしたいですね。