アメリカンZIPPOライターの通信販売:ジッポ倶楽部

ZIPPOの創業者の予見


 ZIPPOの創業者、ジョージ・ブレイズデル氏は、ZIPPO愛好家の間ではとてもよく知られた方です。

 

世界的に有名になった永久無償修理制度を採用し、誠実にものづくりをして、その製品を100%保証すれば成功は後から付いてくるといった信念を持ってZIPPOを世に送り出してきた人物です。 

 

当初、高価なライターが本当に売れるのだろうか?と懐疑的な意見があったZIPPOライターの発売。

 

でも、ジョージ・ブレイズデル氏は、安価なライターはこれからも売れるだろうが、高価でも信頼のおけるライターの需要は必ずある。。。とZIPPOライターの製造販売に乗り出しました。

 

その願いと予見は見事に的中!

 

1933年に世に出されたZIPPOライターは世界中に普及しました。

 

現在でも、安価なライター、例えば、100円ライターや使い捨てライターと呼ばれるようなものに比べるとZIPPOライターはとても高価なものかもしれません。

 

しかし、時代を超えてZIPPOライターは愛されています。

 

そこにはたくさんの理由があります。。。

 

いつの時代でもシンプルでかっこいい形状

片手で簡単に着火できる便利な構造

安定した火力

修理に一円もかからない永久保証

デザインが豊富

使うだけでなく、コレクションすることも楽しい

自分自身でオイルを注入するなど愛車のように手入れをする楽しさ

友情の証として受け渡されていく逸品であること

  

たかがライターと言わせないZIPPOの実力と名声が歴史を刻んでいます。

 

ディポ・ジッポー・ファウンダー