アメリカンZIPPOライターの通信販売:ジッポ倶楽部

ZIPPOの“神サポ”は本当か?


産経新聞(イザ!)にこんな記事がありました。

 

「任天堂DSを修理に出すと無償で新品に交換してくれた」

 

「ジッポーライターはどんなに古くても無償で修理してくれる」

 

インターネット上には、企業のカスタマーサポート態勢の素晴らしさについての“うわさ”が広がっている。

 

「神サポ」「神対応」(神様のようなお客さま対応)とも呼ばれ、まことしやかに語り継がれているサポートは真実なのだろうか。

 

 

 

そしてジッポーライターの解説欄では下記のような記述が・・・

 

 

車にひかれたライターも「永久保証」

 

「何年たっていても正規品のジッポーなら無償で修理してくれるらしい」

 

ネット上には、ジッポー(米国)のライターのキャップと本体のちょうつがいが壊れたため、修理に出したところ、無償で修理してもらった人の体験談が多くある。修理されて戻ってきたライターには、消耗品の着火石も添えられていたとも。。。。(略)

 

同社では「ライターはストラップもないし、片手で扱うため落としやすい。しかも毎日使うものなので故障しやすい。企業の責任として創業者の意向で無償修理するようにしている。また、古い家具などを重宝する欧米の国民性もあるのではないか」と話した。

 

~ここまで~

 

ZIPPOライターの永久無償修理は本当ですよ^^v