アメリカンZIPPOライターの通信販売:ジッポ倶楽部
アメリカンZIPPOライターの通信販売:ジッポ倶楽部 > ZIPPOライターの修理 > ZIPPOライターの永久無償修理制度について

ZIPPOライターの永久無償修理制度について


ZIPPOライターの信頼を語る際に忘れてはならないのが、永久無償修理制度です。

 

ZIPPO社では、数十年前のライターでも、故障の際にはもう一度使えるように無料で修理をしてくれます。

 

故障したZIPPOがありましたら以下をご参照の上ご利用ください。

 

こういった故障でも修理してくれますか?修理はいくらですか?といったお問合わせを様々いただくことがありますが、原則、どのような故障でも無料修理に応じてくれるのがZIPPO社の永久無償修理です。

 

 

ZIPPOライターの修理について

 

故障したジッポーライターは、下記に記載のジッポーサービスセンターまで送付して修理を依頼して下さい。

 

修理でもっとも多いのがヒンジ部分だそうです。強度にできてはいますが、長年のふたの開閉でつなぎの部分が痛んでしまうんですね。

 

その他には・・・

・ふたが取れてしまった

・落としてふたが曲がってしまった

・誤って踏みつけて凹んでしまった

・フリントウィールが回らない

・着火できない

・ガスが噴射されない

など色々な修理に対応してくれます。

 

 

ZIPPOライター修理の注意事項

 

現状のパーツで修復できない場合は、部分的に新しいパーツに交換することがあり、今までの見た目と大分変わってしまうことがあります。

 

ZIPPO社の無償修理は、ライターをもう一度使える状態にすることです。

 

お任せの修理になりますので、細かい要望にジッポーサービスが必ずしも応じてくれるとは限りませんのでご了承ください。  

 

車の修理のように、機械修理の他に板金やペイントなどで以前の状態を復活させるものではありません。

 

お客様のお好みやご使用によってできた色合いや風合いを必ずしも再現できるものではありませんので予めご了承ください。

 

特にこだわりがある、贈り物で想い入れがあるのでパーツ交換をして欲しくない、修理によってコレクション価値が下がってしまう可能性があると思われます際には、修理依頼にその点を明記して、状況によっては修理をしないで返送してもらうことも検討してください。

 

 

 

送付方法・修理依頼先・送料について

 

修理は無料ですが、ジッポーサービスまでの送料はご負担ください。

 

ご依頼主様の名前とご住所、故障状態を説明した手紙と保証書も同封して下さい。うっかりしてご住所の記載を忘れてしまった場合、大事なZIPPOが返送されてこないこともありますのでご注意ください。

 

保証書がなくても修理は受付けてくれます。古いZIPPOでは、何十年も保証書を保管することができないことがありますし、一部の商品はパッケージ等に保証案内が記述されていて知らずに処分されてしまうことがありますので仕方ないこともあります。

 

ただ、中古品などで保証書がない状態で購入されたり譲り受けた場合、それがZIPPO社の正規品ではない(コピー品等)ことがありますのご注意ください。

 

 

故障の具合によって、修理に時間がかかることがあります(修理は1~2ヶ月かかる場合もあります)。なかなか返送されてこないときなどは、しっかり届いているのかと心配になってくるかもしれません。

 

普通郵便やメール便で送られた後に、「届いていますか?」と不安げなメールを当店へお送りいただくことが度々ありますが、送達状況はジッポーサービスへ直接お問い合わせいただかないと分かりません。

 

普通郵便やメール便は、原則、ポスト投函で受取人の署名や受領印を必要としないため、確実にお届けできるとは限りません。

 

 

後からご心配されることがないように、宅配便のように手渡しで受領印を必要とする送達方法をお勧めいたします。大切なZIPPOをお送りいただく際には、配送方法のご選択に十分考慮されますようお願いいたします。

 

※着払いは不可ですのでご了承ください。

 

 

ZIPPOライター修理依頼先

 

アメリカ:

Zippo Repair Clinic

1932 Zippo Drive

Bradford, PA 16701 USA

 

 

日本:

〒491-0376

愛知県一宮市萩原町串作水絶36

ジッポーサーヴィス

TEL:0586-69-2276  受付:10:00~17:00(月~金)

 

↓以下は2006年9月30日にて受付終了となりました。

日本:〒450-8691 名古屋中央郵便局私書箱233号  ジッポー・サービス

日本:〒111-8691 東京浅草郵便局私書箱47号 ジッポーサービス東京 

 

 

梱包について

 

オイルライターを梱包する前には、インサイドケースを取り出して数日間放置してオイルを蒸発させてください。

 

ガスライターの場合は、ガスを抜いてください。ガスを抜くためには、ライターを逆さにして、ガス充填部分を小さなマイナスドライバーなど尖ったもので押さえるとガスを排出できます。

 

※換気の良い、引火する可能性のないところで行ってください。

 

ライター本体はティッシュ等柔らかいもので包み、破損しないようにクッション付封筒などに入れお送りください。

 

ライター本体のみ送付してください。ケースや箱は送付されないで、お手元で保管してください。

 

 

ジッポーサービスからの返送について

 

返送料はジッポーサービス側で負担してくれますが、配送方法はジッポーサービスのお任せになります。

 

アメリカの場合も、返送料はZIPPO社(Zippo Repair Clinic)が負担してくれますが、一般の国際普通郵便になります。

 

 

 

ZIPPOライター修理でその他ご留意いただきたい点

 

柄やデザイン、特別に付けられたエンブレムやメダル、表面のキズなどの修理はできませんので予めご了承下さい。 

 

ジッポーサービスは修理を担うところで、デザインの印刷をする、装飾を付ける、ライターの改造を行うといった作業は行っていません。

 

ZIPPOライター以外(燃料タンクや収納ケースなど)は無償修理の対象にならないことがございますのでご了承ください。

 

高価なコレクター品の修理にはご注意ください。ライターによっては部品一式を取り替えてくれる場合もあります。特にコレクター価値の高いライターを修理に出されるときは、特定の部品を交換せずに修理不可の場合は、そのまま返送してくださいといったメモを同封されることをお勧めします。部品交換をした場合、古い部品をご希望の際にもそのことを事前にお伝えください。 

 

保証書をなくしてしまった場合は、保証書をなくしてしまった等説明を手紙に加え、修理を依頼して下さい。ZIPPOライターであることをご確認ください。ZIPPOに似たオイルライターがたくさんありますが、それらは対象外です。

 

中古品売買では、保証書が付いてこないことがありますが、アジアなどからのコピー商品が増えていることもあり十分ご注意ください。正規のZIPPOライターではないコピー商品の修理はジッポーサービスに送らないでください。オークションや個人売買に関わる事案は、出品者(販売者)や運営会社にお問合わせ下さい。

 

オイル切れ、フリント/ウィックの消耗などは故障ではありませんので、ZIPPOライターのお手入れの項目を参考にご自身で交換してみて下さい。

 

ZIPPO取扱店によっては独自で修理をしたり、代行でジッポーサービスへお客様のライターを修理依頼することがあります。ZIPPO社では無償修理を保証していますが、このような場合はショップ独自の代行手数料等を請求される場合があります。Zippo Repair Clinicやジッポーサービスセンター以外で修理を依頼される際には事前に料金をご確認下さい。

 

郵便で送る際に、郵便窓口で内容物を尋ねられる場合があります。詳しく尋ねられる場合は、オイルやガスの入っていないライターであることを告げてください(オイルやガスは必ず抜いてください)。残念ながら、郵便局によっては、危険物としてZIPPOライターを受付けてくれない場合があるようです。その際には、宅配便(陸便)のご利用をお勧めします。

 

日本では、ZIPPOのロゴをつけた商品が多数販売されています(アウトドア商品や衣類関連など)。これらは、ZIPPO社からライセンスを受けて日本の会社などが製造販売しています。保証期間や修理等については取扱店や製造元へご確認ください。当店ではアメリカZIPPO社で直接販売されているオリジナルZIPPO以外お取扱いはしておりません。

 

当店はジッポーサービスを運営している会社ではありませんので、当方にご連絡いただいても修理状況や返送日等をご案内することはできません。修理をご依頼され、2ヶ月以上しても返送されてこない場合は、ジッポーサービスへ直接お問い合わせくださいますようお願い致します。