アメリカンZIPPOライターの通信販売:ジッポ倶楽部

TBSドラマ「MOZU」とZIPPOライター


久々に見入ってしまったハードボイルのドラマ、「MOZU」。

 

ハードボイルものは結構やっているんですが、演技もアクションもおそまつでツマラナイ・・・というのが続いていたのですが、こちらのドラマはよかったです。

 

「ダブルフェイス」に引き続き、西島秀俊さんと香川照之の二代俳優が出ているということで、始まる前から期待度が高いドラマでした。

 

 

tv

参照元:TBS MOZU特集ページ

 

 

MOZU」主人公の倉木尚武(演・西島秀俊さん)はヘビースモーカーという設定なので、喫煙のシーンが数多く出てきます。

 

禁煙ブームですのでその部分だけを見て批判する人もいるようですが、大人のドラマ、しかもハードボイルド系なのでそこはご勘弁をという感じです。

 

単にタバコを吸っているシーンではなく、かなりこだわりを感じる演出になっていました。

 

もちろん、ハードボイルドとくれば、ライターはZIPPO!ドラマの中で西島秀俊さんがZIPPOを使う姿がシブい。

 

 

 

インタービューの中で西島秀俊さんは、70年代・80年代の作品の雰囲気を21世紀に再現したくて、タバコの煙などの見せ方を細部までにこだわったことを話されていました。

 

「煙や雨は、画に映った時に照明とかがすごくキレイに映るものなので、キャラクターっていうのももちろんありますけど、1枚の画としての効果を皆で真剣に考えてやっていましたね」(西島秀俊さんへのインタービュー記事、cinemacafe.net より抜粋)

 

 

テレビドラマというより、少し映画の勢いを感じたのは、こういったこだわりがあったからなのかもしれません。

 

シーズン2も始まるようですので期待したいです。