アメリカンZIPPOライターの通信販売:ジッポ倶楽部

バンド・オブ・ブラザースとZIPPO


バンド・オブ・ブラザースは、第二次世界大戦におけるアメリカ陸軍中隊のストーリーを描いたドラマです。

 

スティーヴン・スピルバーグとトム・ハンクスによって制作されたもので、10話で完結しますが、すべてが映画といっていいほどクオリティが半端ではないです。

 

1億2千ドル(1ドル100円とすると120億円)という巨額の制作費で作られたそうです。

 

ノンフィクションの作品を基にしたもので、ノルマンディ作戦から終戦までを描いています。

 

 

このドラマの中で、ZIPPOライターが何度も登場します。

 

最前線の戦いの中で、ほんの一時の息抜きにタバコに火をつけたり、暖を取ったり食事を作ったりと、ZIPPOが本当に必要とされていたことがよく分かります。

 

Huluで全話が見れたので、久しぶりに一挙に観てしまいました。戦争ドラマは必ずしも楽しんで観れるものではありませんが、戦争の残酷さや悲しさは記憶に留めておかなければならないものだと改めて思いました。

 

 

 

 

   関連ZIPPOライター:

D-DAY70周年記念ジッポーライター

ブラック・クラッケル 1941レプリカ