アメリカンZIPPOライターの通信販売:ジッポ倶楽部 > 映画とZIPPO > 日曜劇場:安堂ロイド、ZIPPOで学生を励ます

日曜劇場:安堂ロイド、ZIPPOで学生を励ます


安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜は、木村拓哉さんと柴咲コウさんが共演しているドラマです。

 

木村拓哉さんが、大学教授と未来から来たアンドロイドの二役を演じるというちょっと変わったドラマです。

 

 

 

大学教授役の木村拓哉さんが、大学受験で緊張していた学生(桐谷健太さん)を励ます場面で、ZIPPOライターを片手に「炎」について熱く語っているシーンがありました(以下要約で)。

 

 

「火を見ている方が考えが浮かんで楽しい。」

 

「火はすごいからね。この火のおかげで今の僕らの文化、文明があるの。」

 

「炎の揺らめき、揺らぎは様々な脳内物質の分泌を促す。だから、このライターっていうのは僕に何億っていうアイディアをくれた僕の魔法の箱。」

 

「これからは君のひらめきの源にするといい」

 

と語った後に学生にZIPPOライターを手渡します。

 

そして、そのZIPPOが話の展開で大切な役割を果たしていました(ネタばれ無し)。

 

  

教授らしい発想が新鮮で、火の付いたZIPPOライターを片手に熱弁を振るうシーンはとってもよかったです。しかも、場所は大学のトイレ(笑)。