アメリカンZIPPOライターの通信販売:ジッポ倶楽部

勝手にオイルを入れられた?


 

ZIPPOを買ったら、頼んでないのに店頭で勝手にオイルを入れられたというお話を時々聞くことがあります。

 

 

「記念ZIPPOなのでコレクションとしてオイルを入れないで大切に保管しようと思っていた」という方もいれば、「初オイルは自分で入れたかったなあ~」という方もいます。

 

 

ZIPPOの世界はコレクターさんがたくさんいて、こだわりのショップオーナーさんも少なくありません。

 

 

お店のオーナーやスタッフさんは、サービスで「ZIPPOはこうやって使うんですよ」と買っていただいたばかりのZIPPOをいじりだして、オイルを入れて着火したり、使い方やメインテナンスのうんちくを語ってしまうところもあるそうです。

 

 

あるお客さんの話では、心の中で、「俺のじゃなくて、自分のZIPPOでやってくれよ」って思ったそうです (-_-;) 

 

 

一応、丁寧に接客してくれるので言い難いという状況があるのでしょうが、そこまでしてくれなくていいよというお客さんもいるでしょう。

 

 

もちろん、ZIPPOを初めて使う方にとっては、詳しく説明されて嬉しいこともあると思います。

 

 

稀に使い方を間違っていたり、着火具合が悪いなど後からクレームを受けることもあるので、商品を渡すときに、着火テストをするというお店もあります。これはお客さんの了承があれば良いことだと思います(前出のとおり了承無しではバツですが)。

 

 

ZIPPOライターに関しては、オイルを入れた後は返品交換ができないのが一般的なルールになっていますので、購入の際にお店でオイルを入れてもらう時にはよくご検討ください。

 

 

ちなみにZIPPO専用のオイルは、コンビニやホームセンターなどでも売られているので簡単に入手できます。

 

 

オイルの入れ方やメインテナンスに関してはこちらをご覧ください:
http://zippoclub.com/support2/